スポーツ大会ののぼり

スポーツ大会で町を飾ることが多いのぼり、本当に良く見かけますよね。

涼しくなると駅伝やマラソン大会がいろいろな都市で開催されて、いろいろなのぼりをみることが出来ます。

お店の前に立っていることが多いのぼりですが、スポーツ大会で見かけるのぼりも好きです。

冬は特に風が強く乾燥しているので、のぼりが似合うのかもしれません。

雨で濡れたのぼりはちょっと寂しげに見えてしまいますから、お店などで使うのぼりは雨の日にはちゃんと片付けるのが基本っていう話を聞いたことがあります。

どこののぼりでもそうですが、同じデザインののぼりが何本か並んで立っていると、ほんとうにひとつの風景になるような気がします。

ですから、スポーツ大会ののぼりの印象が強くなるんでしょうね。

サッカーやラグビーのような競技場で行うスポーツではのぼりのイメージがあまりないのですが、街の中を走るスポーツには本当にのぼりがよく似合います。

お祭りやイベントの会場へ続く道に同じデザインののぼりっていうのは、とてもいい習慣だと思います。

そういう文化というのはきっと歌舞伎や大相撲の影響だと思うんですが、興行を盛り上げる効果は現代でも同じようですね。

日本の景観に溶け込むのぼり Copyright (C) www.maldiviandemocraticparty.org. All Rights Reserved.